北与野皮膚科クリニック

北与野皮膚科クリニック

アクセス WEB予約

ブログ

Blog

老人性色素斑・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

  • 2019年5月27日
  • シミ、美白

老人性色素斑

顔面に現れるシミの中で最もありふれたものです。不定形の色素斑で、大きさもさまざまですが、ゆっくり拡大する傾向があり、色調も徐々に濃くなる場合が多いです。厚みを増し隆起傾向を示すことも多いですが、平坦なままとどまるものもあります。顔面のどこにでも生じますが、顔の正面よりは側面に発生することがやや多いです。

治療はレーザー治療、フォト治療、内服治療などになります。隆起のある老人性色素斑または脂漏性角化症(老人性いぼ)については、炭酸ガスレーザー、凍結療法、外科的切除などを行います。

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

前額側面、頬骨部、鼻翼などに灰褐色の点状色素斑が多発し、次第に色調が濃くなります。思春期から中年の女性に多くみられます。肝斑との鑑別が必要で、肝斑との合併もみられます。

治療としてはトラネキサム酸の内服やレーザー治療になります。